同窓会規約 Agreement

星陵高等学校同窓会 規約

第一章 総 則

第1条 本会は星陵高等学校同窓会と称する。
第2条 本会は会員相互の親睦を図ると共に、母校の教育に協力し、その発展に寄与することを目的とする。
第3条 本会は事務局を星陵高等学校内に置く。


第二章 会員・組織

第4条 本会は次の会員で組織する。
    (1) 正会員
      星陵高等学校卒業生。
    (2) 特別会員
      本校の職員及び旧職員。


第三章 事 業

第5条 第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    (1) 会員相互の親睦・互助を図る。
    (2) 母校の教育活動の援助。
    (3) 会報の発行。
    (4) その他必要と認める事項。


第四章 役 員

第6条 本会に次の役員を置く。
    (1) 会長 1名
    (2) 副会長 2名
    (3) 理事 7名(内1名は学校長) 
    (4) 常任委員 8名(内1名は教頭)
    (5) 監事 2名
    (6) 校内監事 2名
    (7) 顧問 若干名

第7条
    (1) 会長・副会長・監事の選出は現任理事・常任委員により選考し理事会に提案する。
    (2) 理事・常任委員は選出された会長・副会長・監事により選出する。
    (3) (1),(2)は総会の承認を得る。

第8条
    (1) 会長は本会を代表し、会を統括し会議の議長となる。
    (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
    (3) 理事は重要な会務を立案・執行する。
    (4) 常任委員は本会の会務を処理する。
    (5) 監事は本会の経理を監査する。

第9条 役員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。


第五章 会 議

第10条 会議は総会及び理事・常任委員会とする。

第11条 総会はこの会の最高決議機関で、会長がこれを招集し、毎年1回開催する。
    必要に応じて臨時総会を開くことができる。

第12条 総会は次の事項を行う。
    (1) 会則の決定並びに変更。
    (2) 役員会で選出した会長・副会長の承認。
    (3) 予算・決算の承認。
    (4) 役員会の決定事項・処理事項の承認。
    (5) その他必要な事項。

第13条 理事会は次期総会までの代議機関で、会長はこれを招集する。理事会は会長・副会長で構成する。
第14条 理事会は次の事項を行う。
    (1) 総会提出案の決定。
    (2) その他必要な事項。

第15条 監事は会務処理について必要事項を討議する。

第16条 総会及び理事・常任委員会の議長には会長があたり、会長事故あるときは副会長が代行する。

第17条 総会及び理事・常任委員会の決議は出席者の過半数による。


第六章 会 計

第18条 本会の経費・会費・寄付金及びその他を以てこれに当てる。

第19条 正会員は母校卒業時に終身会費として、金10,000円を納めるものとする。

第20条 
    (1) 本会の出納は、会長の承認を得て行う。
    (2) 会長は、出納事務を学校長に委嘱することができる。
    (3) 校長は、予算執行の決裁にあたり、1件決裁額が500,000円を超える
       ときは、事前に会長の承認を得なければならない。
    (4) 会計については、次の帳簿を備えるものとする。
       [1]会費受入簿
       [2]支出伺及び出納簿
       [3]その他必要な帳簿

第21条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。


第七章 その他

第22条 会員は住所並びに身分の移動を本会事務局に連絡するものとする。

附則
     1. 本会は昭和53年3月6日より実施する。
     2. この会則は平成15年4月1日から執行する。
     3. この会則は平成21年6月11日から執行する。
     4. この会則は平成22年2月25日から執行する。
     5. この会則は平成24年2月17日から執行する。

ページ最上部へ